Windows 10をインストールする前に知っておくべきこと

スポンサーリンク

マイクロソフトからサポートされるオペレーティングシステム向けの最新バージョンWindowsの10は、デザインが素晴らしいインターフェイス機能、アプリケーションが売りだと思います。

お気に入りのWindows10が正式公開されてからはや11カ月、経過しました。無償アップグレード期間も残すところあと1カ月となりましたが、アップグレードする必要性について、書いていきます。

Windows10にアップグレードする必要がありますか?

僕はインストールしてから未だに不平不満なく、利用させてもらっています。しかし、未だにWindows10無償アップグレードに対する誤解や混乱はなくならないみたいです。

新しいオペレーティングシステムを開発する際に、マイクロソフトは事前にテスターへのアクセスを提供しました。つまり、一般ユーザーに前例のないWindows10無償アップグレードを示しました。一般ユーザーにフィードバックに基づいて、新しい機能が追加されたり、バグが削除されてきました。Windows 10は、インストールしてから機能がアップデートされ続けていく「OSのアップデートサービス」という考えができますので論理的です。この数か月の間に、最終的なリリースが行われており日々使いやすくなってきています。

Windows10の技術革新と使いやすさは、次の通りです。

■Windows 10のスタートメニューの最大の違い。

■音声アシスタントCortana(コルタナ)の出現。

■全く新しいブラウザ IE

■すべてのデバイス(デスクトップ、タブレット、スマートフォン)用に統一されたユーザー・インターフェースとアプリケーション。

■メジャーアップデートごとに購入する商品から、無料アップデートを前提とし、新しい流通モデルを生み出した。

現時点で、個人的にWindows10のインストールに成功しています。Windows7や、Windows8から手持ちの3台を最終版に変更しました。

d6728b6772d8a901d1b1a73

Windows10をインストールするなら、最初に最低システム要件をチェック

Microsoftの公式ページでは、お使いのPCがWindows 8.1の要件を満たしているなら、Windows10をインストールしても正常に動作すると、言っています。自分のパソコンがインストールできる環境なのかを調べましょう。

設定の詳細は、次のとおりです。

■CPU:1GHz(ギガヘルツ)以上。

■RAM:1 GB(32 ビットシステムの場合)または 2 GB(64 ビットシステムの場合)。

■ハードディスクの空き容量:16GB。

■ビデオカード:Microsoft DirectX 9 グラフィックス デバイス(WDDMドライバー付き)。

それから、マイクロソフトアカウントとインターネットアクセスが必要です。

WWindows10を使用する前に知っておくこと

いくつかの方法を実行することで、Windowsの最新バージョンにアップグレードすることができます。

現在使用中のOSが、Windows 7(SP1)か、8.1を使用している場合は、Windows Updateのシステムを介して無料アップデートとしてWindows 10をインストールできます。

■Windows 10の無償アップグレードキャンペーンが終わるまでに更新プログラムを実行する。

■ライセンスバージョンの所有者は、いつでも好き時にWindows 10にアップグレードすることができます。

■WindowsXPとVistaユーザーは、自分のPCの技術仕様が最小要件を満たしている場合だけ、Windowsの10をインストールすることができます。以前のバージョンを更新するのではなく、システムのクリーンインストールを実行されます。

■Windows 10 Pro、ホーム、モバイル、エンタープライズ各種エディションがあります。

 

Windows 10 の各種エディションの紹介

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA