あなたはブログに何を書きますか?意識するべき6つのこと。

スポンサーリンク

友達にブログをやった事ある?と聞いてみたら、ほとんどの人がやった事がある。そう答える人が多いと思います。ブロガーであるという人も中にはいるかもしれません。ブログは、インターネット上の自分の分身みたいなものです。

純粋に考えてみましたが、あなたがブログを作成する目的は何ですか?僕に当てはめて答えてみましょう。ブログを書いて収益を得る方法(生きる術(すべ))、自閉症スペクトラム障害(ASD)について、自分の事を俯瞰して眺める自己開発を行っています。大半の人が自分自身を表現する能力を生かす場だと思います。いずれにしても、魅力的で人の役に立つような文章を書き続けることが重要になります。

ブログは特定のタスクや、特定のターゲットを的に絞ったコンテンツを複数、作り上げる必要があります。または複数のトピックを作り、次の記事で何を公開するかを考える事も重要です。毎日、創造的なコンテンツを生み出す事は難しいです。僕は正直、毎日のように良質で豊富な記事を生産できると自信を持っているとは言えません。

さて、ブログを開いて何か書くかと、思考をフル回転しながら数時間も座っていても500文字ぐらいしか文章が進んでいないという事もあります。このように何も思い浮かばないかったり、やる気が出ない時に対処する方法をこの記事でお話していきます。

ブログをゴミのようなスクラップブックにしてはいけない

計画を立て事は成功への鍵です。そして、重要な仕事を進める上で、何も計画を立てないことなんてあり得ない事です。それと同じくブログを良質な文章で作り上げて、豊富なコンテンツを生み出す必要があります。

このようにブログも例外はありません。

あなたの思考を積み重ねて作り上げる!と意気込んで書き続ける事で記事数が増えていきます。それにより、チャンスが生まれます。ブログの目的やネタについて、紙やpcのメモ帳に明確な計画を作成し、それに従う事がとても重要です。

ブログの達人は、脳内にあるアイデアを言語化する能力が高いと言われています。最初っから卓越した文章力で5000文字書ける能力が必ずしも必要ではなく、まずは、20記事ほどを書くことをお勧めします。自分が興味がある作品や、趣味ついて文書化することにより、それがお金という形だけでなく知識の資産にもなります。目標もなくただ書いていると、辛いです。そんな時は、20記事を書くことがいいスタートになります。僕は時々、目標を見失いそうになりますが、自分は何がしたいか?そのように原点に戻ることにより、何事も続けられています。ブログのテーマにこだわりだけは、忘れないように意識してください。

0(ゼロ)から1を生み出す。これって、生半可な気持ちで取り組めません。初めて自分の気持ちや思考をパソコンを使い文章で書き起こし表現することに難しさを感じていました。

創造的な仕事は、インスピレーションを必要とします。しかし、アイデアを10個あったとしても、それを引き出すコツを知らなければ意味がありません。僕は夜中に、睡魔を戦いながら、椅子に座りパソコンの画面に食いつけばきっと何か書けるはずだ!アイデアが湯水のように沸くと思っていたが、何も思いつかない。何か書いてもイマイチ出来が良くない。そのことに気付き、一日が色あせて見えました。無駄に頑張って偉大なアイデアが下りてくることを待っていました。

そして、何ができました?何をしていますか?この時は自分は何でも書くことができると信じています。しかし、まともな事を何一つ書くことが出来ずに翌朝、すべてのアイデアは消えていました。したがって、すぐに面白いネタや多数の人に役立つアイデアをメモ帳や、スマホに書き込めるようにする必要があります。

お皿を洗っている時や、洗濯をするしている時に何か思いついたら、アイデアを書き留めて下さい。散歩中、友人に会う、発想が脳裏を巡ったらすぐに書き留めることにより、将来的にブログ記事の量産に使えるネタが増えます。

ブログは人生、書くことを恐れる必要はない

ブログを訪れてくれる読者の大半は情報を求めてきます。ほとんどの方はブログ作成者に興味を持っていません。僕は日常生活、習慣、家族、障害のことについて人生の在り方を書いています。これは、有名人の情報や詳細を知りたいという要望に似ています。

興味のある人は、特定の人物ではなく、電子機器を介して通信します。これは、あなた自身について書く機会を提供しています。暇つぶしの人や、思考が合う同類の人を対象に問題を問いかける事ができます。検索してブログを読んで面白いと感じた人は、定期的に訪れてくれるかもしれません。読書感覚で見に来てくれる方に、あなたの顔写真、利益の話、旅行、趣味、仕事、障害について書くことを躊躇してはいけません。

入手が難しいチケットを手に入れてアイドルのコンサートに行ってきました。それについて自分が体験した気持ちや、会場の熱気をブログを通して共有する事ができます。何より読者と喜びを共有する事ができます。

読者と経験を共有

日常生活で感じたことを思った通りに書くだけでは、つまらないブログになります。感情的な価値やリアルな体験を書くことが重要になります。初めは、試行錯誤を通じて何かを解決するために見てくれる人に有益な情報を提供しましょう。あなたのブログに何を書きますか?スクリーンショットを撮り、チュートリアルのように分かりやすい説明をしていますか?問題解決の糸口や提言を相手に与えていますか?

あらゆる経験を共有し、写真や動画で解説できますし、ユーザーが欲しいと感じるものを作っているならばワークショップを作成する事もできます。膨大な再生回数、アクセス数より、コメント数が多い方が価値があります。文章量が少ない面白味がないという場合も写真という分かりやすい素材を利用して、相手に分かりやすく物事を伝える方法もあります。

訪問者に魅力的なだけでなく理解されるように、あなたの投稿を多様化しましょう。

趣味から書くべし

世の中には趣味嗜好が合う人が必ずいます。僕はテクノロジー関連や料理について、サクサク書けます。いつも、何か新しいものを生み出し、興味をそそる情報を探し、常に触発されています。これは、その情報を知らない訪問者によりよい形にして提供する。しかし、コピーしていては意味がありません。オリジナリティあふれるように書きます。面白くするには、作者の感情的な部分や正しい情報に追加の価値を含むなどを組み合わせる必要があります。

例えば、料理を作るのが好きな場合は、食品の知識、レシピをより美味しくするヒントを公開することができます。かぎ針編み、刺繍やビーズクロスを作っているならばこれを披露しないと、もったいないです。趣味が合うターゲットが見込めるか?そのことを考える事が重要です。

あなたのブログが、特定のテーマの関連する事を綴っていたとしてもその他のトピックに影響を与えることを恐れてはいけません。ニッチな事でも自分が興味ある関心事でしたら、書くべきです。趣味の人口が少ないという事は、競争相手が少ないと考えられます。

あなたが刺繍や編み物に関する知見が優れているとします。日本の刺繍の歴史について書くことができたり、関東地方、九州地方の刺繍の違いに独自の視点で語る事もできます。編み物も種類があり、可愛いぬいぐるみが編めるあみぐみという技術について、ブログを通して作り方をレクチャーできます。世の中で起きている事を発信しようと思えばtvのニュースや新聞記事を見て、さまざな事件や政策について議論できます。インターネットでお金を稼げる方法や、時間管理の記事、ビジネスの話題に関する本のレビュー、ソフトウェアや学習トレーニングのレビューなどネタは豊富にあります。

新しい発見ができます

情報の内容を吟味、感想を交えて正しい情報を記入する必要があります。これは他人が書いた記事を書き換えるという意味ではありません。あなたの読者を対象として書かなければなりません。

■記事を書くために自分自身を表現する。

■商品を取り寄せて、感想をレビューする。

■現地に赴きこんなになぜこれをお作りなったのかなど本人にインタビュー形式でブログを書く事も出来ます。

■旅行で訪れたスポットを写真に収めて、レポートのように作成します。

そして、それは必ずしもブログに書く内容は、1つである必要はありません。

事実、成功している人は星の数ほどいます。情報の内容を吟味し、独自の発想を表現しています。しかし、これは第三者が書いた記事の内容を書き換えるという意味ではありません。成功者の意見を聞いた上で最終的にさまざまな人と経験を共有することができるようになります。ブログ上で地道なキャリアを作っている、これも知られています。誰でもできると言われているので、あなたも挑戦することができます。

アクティブな読者に救われます

「あれやって!これ試してみて下さい!」「この問題について、どのように考えていますか?」と、読者からコメントの返事がきます。これは底なしのアイデアになり、記事作成が楽になります。ユーザーとの対話を行う場合、「ご意見・ご感想をお待ちしております」という質問を記事に入れて、書くことの活力になります。さらに特定のトピックに関する執筆を依頼してくる事もあります。

またただ記事を公開するだけでなく、調べた情報を調査形式でその結果を記述することができます。WordPressのプラグインを使いアンケート調査を行う事も可能のです。

僕の記事があなたの問題を解決する少しの手助けなれる事を願っています。

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA