妊娠中の超音波検査と自閉症、あなたは知っておくべき?

スポンサーリンク

一部のメディアは、自閉症についての驚くべきニュース記事を掲載しているが、これって本当ですか!?という事を感じるのです。

僕は最近、超音波検査は自閉症の原因なのか?という自閉症と関連していることをニュースで見ました。

超音波と自閉症の症状に関する研究について、衝撃的な内容で見出しを立てているわけですよ。妊婦が複数回の超音波検査を受けている国では、そうではな国と比べて、自閉症の割合が高くなっているそうです。

悲しいことに、メディア内に記載された見出しの多くは、科学的なデータを元に書かれていますが、コンテキストが失われているという事実があります。

健康保険制度が充実している国だったり、地理的あるいは文化的にそれぞれ異なっており、受ける予防接種も違ってくると思います。また日本と海外とでは「出産事情」が大きく異なる点も考慮されていません。

僕がすでに述べたように、ここでは文脈を理解することが重要であり、この場合「相関関係や因果関係」を元に考えなければなりません。

超音波検査は、深刻なリスクをもたらすと示されています。原因(因果関係)と考えることができるという意味ではありません。

記事の見出しでは、胎児への超音波の照射が、子どもの発達に影響を与える可能性があるかもしれないと、指摘しました。この研究が、根本的な原因を有しているように感じますが、これはよく考えねばならない事です。

現時点では、母親や子どもの健康に悪影響を及ぼしていると、決定づけるような証拠はありません。一方、数年前に比べて超音波検査は安全とは言い切れない、との観点から妊娠中に1~3回程度の超音波しか受けないという事実もあります。海外では、妊娠中に超音波検査行うことを懸念し、このような例もあるそうです。

Ultrasound in 1st trimester of pregnancy linked to autism – study 」別の研究は、自閉症の重症度と超音波の関連を調べました。しかし、研究では、自閉症の素因に関連する遺伝子異常を持っていただけの子供が含まれています。他の言葉にいいかえると、超音波は、自閉症を引き起こすことが示されています。

つまり、自閉症になりやすい、子供の症状の重症度と関連していることを示しています。自閉症などの先天的な脳の機能不全による障害、発達障害を増加させる。例えば、いくつかの一般的な原因を示している分けです。

超音波による胎児スクリーニングは、先天性異常を早期にみつける可能性を高めるのに効果的な方法ですが、発達障害や自閉症は、産まれてすぐにわからない事もあります。

このような状況を考えると、いくつかの?疑問が出てきます。

■医療行為と自閉症の関連性について、何かを懸念している場合、健診のメリットが理論的なリスクを上回ります。

■あなたの家族の誰かが自閉症スペクトラム障害の素因となる遺伝的要因を持っている。たとえば、僕が自閉症スペクトラムで既に子供がいる場合はどうなりますか?

結論として、時期尚早の超音波検査は一定のリスクを伴うことが理解できます。それに基づいて、さらなる研究が、進むことが必要という事も分かります。

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA