Windows エラーを修正するシステムユーティリティの活用術

スポンサーリンク

PCを起動したのはいいが、予期せぬエラーが発生する事があります。クラッシュが起きたら、自分自身でどうにかしなければなりません。言い方は変ですが、ある程度エラーに慣れたら簡単に問題の原因を見つけることができます。

各ドライバが組み込まれてデバイスマネージャなどでも正しく認識されていないと、エラーが起きます。放置しても問題なく、PCを使用できる場合もありますが、可能な限りない方が良いです。Windowsユーティリティで利用できる事について、書いていきます。

トラブルシューティング

これは任意の問題エラーを抱えている時に最初に訪れる場所です。原因が全く分からない場合、最初に開く事をお勧めします。コントロールパネルを開き→トラブルシューティングを開くことで問題を解決する事ができます。

39647e8a649c2b2f8505f56a62

主にここでは、プリンタ、オーディオ再生、インターネット回線などの問題を解決する時に使用します。ステップ式にウィザードに沿って、いくつかのステップを踏む事によって問題を見つけることになります。

大抵、ここで行う操作は大した問題は起きません。なので、ウィザードに従って操作を行えば問題解決できます。

ハードドライブを最適化

十数年前のPCと比べて、頻繁にメンテナンスをしなくても問題はそう簡単に起きませんが、通常とは異なる使用を行っているとエラーが頻発します。それから新しいバージョンの「Windows」ではダウンタイム、スケジュールなどのエラーが起きた場合にドライブに最適化を実行する大抵のエラーは収まります。お使いのPCから普段とは違う変な音や、ブラウザやアプリの立ち上がりが遅い場合にーティリティのメンテナンスディスクを実行するとPCが快適になります。

e0abbb434e6c6f715806888a2

これを簡単に開く方法は、「ハードドライブを最適化」タイトルを検索することです。このツールを使用すると、ドライブの状態を分析確認し最適化するか、自動メンテナンスのスケジュールを変更することができます。

システムを以前の状態に戻す

なんらかの事情で仕方なく、数日前のPCの状態に復元する時に使用します。例えば新しいソフトウェアやドライバの更新をインストールした後にエラーが頻発したり、システム障害が発生した場合に原因を探る事が難しく、どうしようもない状態の時に復元を利用します。俗に言う最終手段です。システムの復元を使用すると、これをやると、以前利用していた時間にコンピュータの時間を戻します。

bf0b566bf10e5c8e51987e0b

稀に部分的に必須なデータが失われる事があります。そうならないために、しっかり、バックアップを作成することをお勧めします。正常にPCが動作していた時点復元ポイントを実行する事で問題を解決する事ができるので、シンプルで簡単な方法です。

信頼性モニター

何かを修正する時にどこが壊れているのか?理解する必要があります。システムに影響を与えている場所が分からなければ、問題に対処する事が難しいです。そんな時に役に立つのが、信頼性モニターです。プログラムのインストールやアプリケーションのエラーなどをシステムの安定性を監視しています。ワンクリックでそう簡単に見つけられないので、コントロールパネルを開き、音声入力か、信頼性モニターと入力すると簡単に見つけることができます。

88e11c5378f6c8fdd1a75d016

オペレーティングシステムや、最近インストールされたソフトウェアの作業に関する詳細なレポートを見つけるだけでなく、起きている障害も探すことができます。問題の原因を特定し、それを修正するのに十分です。

PCを初期状態に戻す

上記の方法を実行してもエラーが直らない場合の最終手段になります。正直、一番やりたくない方法ですが、これやってしまうと、購入したばかりのPCの状態に戻ってしまいます。なので、重要なファイルや、ブラウザのお気に入りのデータは外部の端末に保存しておく必要あります。

af6c04f1a759c860d5f49f1a

この機能にアクセスするには「PC設定」を開き「アップデートとセキュリティ」セクションに移動します。タブが左側に表示されるので、「回復」「復元」が見つけます。システムが最初にインストールされており、どのような更新が適用されているかどうかに応じて、オプションの選択を行います。

RAMの診断

かなりの頻度で、問題が発生している場合はメモリのエラーが関連しています。システム全体にバグ出現しているとPCの動作が鈍くなったり、ソフトウェアが突然落ちる事があります。例えば、突然再起が起きる、ブルースクリーンになったります。プログラムを起動していないのにこれらが、起きた場合は直ちにRAMの状態を確認して下さい。

6fbcb1c191d6a4100f64aa8d

ユーティリティ検索で「メモリ診断」入力を行い、今すぐ再起動して問題の有無を確認するを選択して、結果を待ちます。大体の問題は、これで修正されるはずです。

リソースモニター

便利なツールを利用することで、Windows内で何が起こっているか、見ることができます。これは、「リソースモニター」と呼ばれます。CPUに負担をかけたり、常にディスク上で何か大量のデータをやり取りしている場合、数値が高い事が分かります。過剰に動作するようなところがあれば、すぐに対処できます。ソフトウェアを使用していないのにCPUの数値が高いなど、なんらかの異常が見受けれればすぐに修正する事が大切です。

5bbc8abfd3d711702437688c02ed

詳細をしっかり確認したい場合は「リソースモニタ」を使いますが、簡易的に確認する時は「タスクマネージャ」を使います。これは、各プロセス、各ソフトウェア、ドライバ、ネットワーク接続、およびCPU、メモリ、ハードディスクの使用に関する情報が分かりやすく示されています。この両方を利用することによって、問題を引き起こしている原因が早く見つかります。

 


 

まあ、普段通り使用していればそんなにエラーは起きません。しかし、問題が発生した時に対処が早いとその後のダメージが違ってきます。

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA