再就職の道のりを助ける。教育訓練給付制度でスキルを磨く

スポンサーリンク

再就職先を探す上で、よく考える事に資格や技能がないから選択肢の幅が狭くなることがあります。企業が求めている人材にどうしてもなりたい場合に技術を身に着けたいと強く思ったことはありませんか?

そんな時に役立つのが、教育訓練給付金という制度です。これは厚生労働大臣の指定を受けている各種講座の入金や、受講料の2割相当の額を支給してくれる有り難い制度になります。

仕事に関するスキルをもっと磨いたり、今までと違った視点で専門的な知識を身に着けたりすることにより、収入も増えます。

3つの支援制度まとめ

自力で専門知己を学び頑張ってみたが、独学ではなかなか思うような結果が出ない。会社勤めをしながら専門講座を受けてスキルを身に付けたいが、費用の面を考えると、難しいという方は教育訓練給付金を申請してみてはいかがでしょうか。

もちろん、無造作に誰でも受けれるものでなく、雇用保険の一般被保険者であった離職者か、現在「在職者」に限られています。社会人であれば大半の人が利用でき、最大で10万円まで資格取得にかかる費用が抑えられるので、お金の面を考慮すると活用すべきだと思います。

また離職してから基本手当を受給している離職者は、講座を無料で受講できる「公共職業訓練」という制度があります。これは、スキルを身につけてもらい、失業者が早期に就職できるようにするための制度と言われています。

訓練には、「離職者訓練」「学卒者訓練」「在職者訓練」ありますが、この中で無料で受けれる方が「離職者訓練」というカテゴリーに含まれます。しかし、すべてがタダになるのではなく、各種受講は無料だけど、テキスト代は実費で負担になります。

ワードやエクセルなどパソコンの基本操作を覚えて資格を取得するPCスキル、医療・福祉系、簿記(他にも沢山あります)などの中から受講したい講座を選び、ハローワークに申請後、受講が必要だと判断された場合のみ受講が可能になります。

それから、基本手当を受給している離職者が公共職業訓練を受講できるようになったら、「技能習得手当」を受けることができるようになります。これは、訓練を受けた日ごとに応じて、500円が支給される受講手当と呼ばれるものから、「食事手当」交通費の負担にあたる「通所手当」が含まれています。

僕が以前、見ていたパンフレットにはこんな感じで書かれていた。

その頃は、無職で失業手当が切れて路頭に迷いそう状態だったから、これだよ。なんと素晴らしい制度だ。浅はかな希望にさえ すがりつきたくなる。

その時の気分は情熱とやる気に満ち溢れていました。しかし、後から無知で未熟な自分に気づかされることになるなんて・・。

そもそも雇用保険未加入や、基本手当の給付期間終了した場合どうすればいいのか?

これに関しても救済措置という形で、公共職業訓練を受講することができます。給付を受け取りながら、技能やスキルを上げたり、学べる「救済支援制度」があります。詳しい内容を見てみると、受けるには今の収入の状況、世帯収入、生体の貯蓄などの制限があります。僕は受けられそうです。低所得、独り身世帯、貯金は10万円、低賃金から抜け出したい思いも強い。

こちらもハローワークに行って、雇用保険を受給できない求職者が、職業訓練を受けるため制度ですが、やる気を問われます。

ここまで書いてきましたが、知らない事が多くなります。流し目で書面を見ていた頃と意識が全然、違い今は内心必死です。後がない状態ほど、周りが良く見えるのはいいが、イライライします。

面倒、知らないじゃ後悔します。過去の僕がそうですから、何でも自分で手続きすることが必要です。

志望動機が曖昧で落とされる

職業訓練の選考試験には、定員が定められており、こちらでも競争があります。

希望の職業訓練を受講するためには、面接と筆記試験を行い。そこで選考試験に通らなければ、スタートラインにすら立てないのです。

職業訓練には筆記試験があります。問題は中学のお勉強をこなしていれば解けるものばかりです。筆記試験を通して満点を取ったしても職業訓練に受かるとは限りません。

面接の対応が一番重要と言われています。その人の言葉遣いやなぜこの訓練を受けたいのか?その姿勢などの志望動機がかなり重要視されています。

■ただ自分は無資格だから、何でもいいので資格が取りたい。

■暇だから知識を得たい。

■違うスキルを身に着けたいけど、これでもいいかと妥協した。

■事務系の仕事がしたいので、プログラミングを学びたい。

スキルを身に着けたい気持ちがあっても動機が不確かなだと、ダメらしいです。職業訓練の面接に確実に落ちます。僕の場合は、とりあえず、興味がありまして・・。実際の動機とは全く無関係ない事を喋ってしまいました。

まあ実際は、面接官とケンカしてしまい。受からなかったというか、完全になめられてしまった。未熟な自分の程度が低かった事も原因です。そこは反省しましたが、面接官の態度が気に食わなかった。

■あんたは、この訓練コースを希望する主な理由は?あんた?僕の聞き違いだろうと、耳を疑ったが聞き流し、本題に答えました。独学でやっていましたが、本格的に学びたいので、こちらのコースを希望しました。

■あんたは、今現在まで求人活動をしていましたか?何だよあんたって?あなたなら分かります。書面にも僕の名前が記載されているでしょう?顔につばでも飛ばし、扉を蹴って出ていきたい気分だったが、なんとか自己制御して質問に答えました。再就職先を探していましたが、なかなか上手くいかずいました。その時にハローワークの職員にいくつか職業訓練を紹介され、訓練を通して、スキルを身に着けて、就職先を探そうと思っています。

■この業界は25歳と平均年齢が低いですが、あんたは年齢が高いけど、最後まで通えるの?。年齢的にもギリギリなのを理解しているので、やるべき事をやるだけです。

感情的になりそうでしたが、何とか理性で乗り越えました。

過去に面接官から厳しい説教を受けた事はありますが、このモンスター級のババアとの出会いは、初めてでした。

面接官は演技なのか?素なのか?書類を見た感じこいつはダメだから、ストレスのはけ口面接にしたかったのだろうか?口調や態度が非常に無礼だけでなく、質問の一から十まで不快な気分でした。

もう何んなんだ!このふざけた面接官の人は、後姿は20代、前から見たら厚化粧の50代、見た目を気にする前にその態度や姿勢をどうにかしてくれと、思いました。採用になるか不採用になるかは別として、このようなビックリな面接官も世の中には存在します。

今は良い勉強になったと、思えるようになっていますが、当時は怒りに満ちてどうしようもなく、帰りのエレベーターの中で少し泣きましたね。

この制度を受けるには、ハローワークに手続きを行います。詳しい内容や、受給資格があるのかどうかを知りたいなら、職員に聞いた方が手っ取り早く理解できます。

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA