AdobeからAndroid用のアート&デザインアプリがリリース

スポンサーリンク

秋といえば「芸術の秋」です。この時期にアドビシステムズ社からモバイルアプリケーション二つが用意されました。Android対応のスマートフォンやタブレットを使用するグラフィックデザイナーやイラストレーター向けにPhotoshop SketchとComp CCアプリケーションがあります。

パソコンではお馴染みのソフトですが、スマホの小さな画面で創作活動が出来るようになりました。

Android用のアプリケーションだから、何か新しい価値があるのか?そのように期待していましが、特に目新しいという機能はありませんでした。

Comp CCはアート&デザインを対象としています。これを使用すると、サイト、ポスター、チラシ、あらゆるレイアウトをプロ並みに作成することができます。プログラムは、テンプレート、フォーム、フォントなどたくさんの設定を含めることができます。完成した作品を保存したら、その後、パソコン上でInDesign、Illustrator、Photoshopなどのアプリケーションに送信できます。

The app was not found in the store. 🙁 #wpappbox

Links: → Visit Store → Search Google

Photoshop Sketchは図面を作ったり、スケッチを描くことが必要な人に向いています。機能も多く鉛筆、ペン、マーカー、アクリル絵の具、柔らかいパステルや水彩画だけでなく、レイヤーファイルとして、「Adobe Photoshop CC」 や「Adobe Illustrator CC」に送信できるアートワークを作成することができます。

Photoshop Sketchは、整理、名前変更、変形、マージできる複数の画像や描画レイヤーを変換して組み合わせることができます。例えばある程度できたレイヤーを保存し、その後PhotoshopやIllustratorで仕上げる事ができます。

Adobe Photoshop Sketch
Developer: Adobe
Price: Free

とりあえず、絵を見るのは好きだけど描くのは苦手という人にもおすすめです。Comp CCとPhotoshop Sketchは無料で操作可能なので、暇つぶしにを試してみて、ハマっちゃう可能性もあります。

2GBのファイルストレージがありますが、最大限に活用するにはアドビのCreative Cloudの基本無料のメンバーシップに登録する必要があります。

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA