自己負担が減るならば自立支援医療(精神通院医療)を受けるべき

スポンサーリンク

僕は以前、生活リズムの乱れがあり、なかなか寝付けない事がありました。その頃は、長期間のひきこもり生活の弊害や、自律神経失調症の影響で一日中起きていたり、眠って中途覚醒したり、しっかりと睡眠を取ることが難しい時期がありました。

病気で通院していると、毎回のように診断料やお薬代がかかります。僕は働いていませんでしたが、その頃はネットの収入が雀の涙ていどしかなく、医療費3割を自己負担する事が厳しかった事があります。

その頃にお医者さんから医療費が安くなる「自立支援医療」の制度を教えていただきました。

これは何かと言うと、精神障害を有する患者が通院して治療する場合に自己負担額が保険証の3割負担と違い自己負担額が1割負担になる医療証です。僕が対象になるかどうか不安だったのは、微妙に所得があった状態だったからです。精神疾患を患っている方すべてが適当するのではなく、世帯の収入によって上限額が決まっています。なので、所得が上限を超えた部分は3割負担になります。

自分に出来るだろうか(申請)?という不安がありましたが、意外とすんなり適応されました。医療費の自己負担がしんどいという方は申請してみて下さい。

詳しい規定は都道府県のお住まいの保健所などのサイトをご覧になると詳しく載っていると思います。

自分に出来るだろうか(申請)?という不安がありましたが、意外とすんなり適応されました。

心療内科や精神科の医療費が1割になります

僕の場合は、発達障害と睡眠改善などの理由で精神科に通い、問診を受けて、睡眠導入剤のようなお薬代や診断料の費用が1割のみ自己負担になってくれました。

病気の症状がほとんど表れてなくても再発予防で通院治療を続ける必要がある場合なども支給の対象になるそうです。つまり、病気が完治していなくて、症状が和らいでいるが数か月に数回通院が必要な患者も対象になりそうです。

自立支援医療はどこの病院でも適応されるわけではなく、県や市町村が指定した場所でのみ適応されます。引っ越して病院が変わったから、ここでも自立支援医療が使えるという安易な考えは捨てた方がいいです。どこでも医療を受けられるわけではない点に注意しましょう。

自立支援医療の支給を利用した。医療を行う指定医療機関は、都道府県によって決められています。

申請について

申請先は各自治体の福祉課です。申請の段階で、どこに通院するか決める必要があります。また、対象となる精神障害・疾患は限られているので、福祉課の職員に病院の設備やサービスについて詳しく聞くことも大切です。ちなみに精神通院医療は「通院」が対象になりますので、入院医療は適応外になるので注意が必要です。

つまり、申請段階で医者を1つだけ指定して利用する。どこでも利用できるものではなかった。

職員さんがしっかりと説明していましたが、僕は隣の人の声が重なり全然聞き取れなかったので、なんとなく頷いてやり過ごしていました。これはやっちゃダメです。適当に聞いてしまい。その結果、書類に不備が出てしまい、市役所の往復を余儀なくされました。

本当にめんどくさいです。困ったときの配慮をしてもらえます。相手も言わなければ伝わらないので、窓口でお話を聞くだけでなく個室で説明を受けた方がいい場合もあります。

聴覚過敏やお薬の影響で落ち着かない時は静かな別室で説明を聞くことができるので、その時は職員にお願いしましょう。また全国一律だと良いですが、「自立支援医療費(精神通院)支給認定申請書」を郵送で送ってもらえます。1人で外出することが辛かったり、人が多くいる場所に長時間いることが苦手な人は市役所の障害福祉課に電話をして相談してみて下さい。

申請に必要な書類があります。

■自立支援医療(精神通院)支給認定申請書
■健康保険証
■所得確認ができるもの(書類等)
■印鑑
■自立支援医療(精神通院)診断書

診断書は主治医に書いてもらうものですが必要な書類は市町村の窓口か病院でもらえます。申請にお金はかかりませんが、医師の診断書にはお金がかかります。僕の診断書料は2,000円ぐらいしたと思います。

また各自治体によって手続きに必要な書類が多少違う場合があるかもしれないので、お住いの自治体のホームページで確認しましょう。申請書に必要事項を記入・押印して、全ての必要書類を上記の申請に必要な書類をまとめたら、申請先の窓口に提出します。

たしか、申請が通るかどうかは、約2か月ほど分かります。僕はあまり期待せずに待っていたら、2か月後に沖縄県から自立支援医療受給者証(精神通院)が届きました。

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA