Windows用のDisk Drill 消したファイルの復元データ回復の無料ユーティリティ

スポンサーリンク

大事なデータを誤って、消してしまった事があります。重要な文書のフラッシュドライブをやり忘れて、何度も公開したことがあります。パソコン本体が壊れて時や、ソフトウェアのクラッシュにより失われた重要なデータがない。ハードディスクを再フォーマット?

これらの一見もう絶望的な状況を打開する方法があります。それがWindows用のディスクドリルです。このディスクドリルは、HFS、HFS +、FAT16、FAT32、NTFS、EXT3、EXT4のファイルシステムをハードドライブ、フラッシュドライブ、メモリカードやその他のメディアから削除された写真やファイルを回復します。

プログラムは高速スキャンモード(クイックスキャン)、データを上書きするファイルをディープスキャン、今あるデータをイメージへバックアップを利用できるようになり、削除してしまったデータのスキャンと回復(復元)ができます。

74618074dfb083d558c50dd66b434fd7

Disk Drillを開いたら、各モード、メイン機能など利用可能なドライブとディスプレイを検出します。

22e115b1101581297f758d2ae31b9656

Disk Drillのメイン機能となるデータの回復は、インデックスディスク上のすべてのファイル環境設定からスキャンするファイルの種類を選択するか、スキャンしたいディスクを選択したら「回復」または「ディープスキャン」をクリックするだけです。

とりあえず、スキャンを選択して「ディスクのドリルインデックスドライブ」まで待ちます。データの量や損傷の程度に応じて、かなり時間がかかる場合があります。スキャンしたディスク上で見つかったファイルは、形式、日付やサイズが表示され、メインウィンドウ上に「セッション」表示されます。

327253071944642801020f9e865069e1

ここまで来たら、後は簡単です。

最後は、スキャンしたセッションから回復したいファイルを選択し、右上にある回復ボタンをクリックする必要があります。ビデオやその他のメディアファイルボリュームが膨大な場合は、数分間ぐらい待たなければなりません。ファイルの復元後にデータは「マイドキュメント」フォルダに移動になりますが、他の場所に保存する事ができます。つまり、ディレクトリを選択することができます。またデータやフォーマットしたHDDやSSD、外部のUSBメモリなどからデータを復元してやることが出来ます。

確実にファイル名が正しく復元されるとは、言えませんが、試してみる価値はあります。

Disk Drillを使用した感想は、ディスクやファイル・システム、別のリカバリオプション、そのスピードと操作のしやすさ、回復やドライブの保護をパーティション化する機能をサポートが素晴らしかった。ここで説明したことは、開発者の考えが変わらない限り、しばらくの間、完全に無料で利用できます。

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA