福祉サービス

自己負担が減るならば自立支援医療(精神通院医療)を受けるべき

僕は以前、生活リズムの乱れがあり、なかなか寝付けない事がありました。その頃は、長期間のひきこもり生活の弊害や、自律神経失調症の影響で一日中起きていたり、眠って中途覚醒したり、しっかりと睡眠を取ることが難しい時期がありました。

病気で通院していると、毎回のように診断料やお薬代がかかります。僕は働いていませんでしたが、その頃はネットの収入が雀の涙ていどしかなく、医療費3割を自己負担する事が厳しかった事があります。

続きを読む

最低限の生活が送れない時に活用したい3つの保障制度

生活困窮とは無縁だと思っていても、不運な事故や、ブラック企業で働き、精神を病んでしまい精神病院に入院して退院したら、働けない状態になっていた。そんな複数の要因が連鎖して気づいたら、家計が行き詰まることがあります。老親の認知症で介護が重く、短時間勤務が当たり前になり、なんとか貯蓄を切り崩して生活していたが、ある日仕事を辞めざるを得なくなり、自らも健康を害したり、生活に行き詰まる・・。

続きを読む

障害者グループホームの暮らしについて思うこと

僕自身、精神手帳を保有する障害者という立場ですが、実際「自閉症スペクトラム」という診断を受けました。社会から逸脱してしまった立場で身体・知的・精神障害者のグループホームの暮らしついていろいろ語ろうと思います。

続きを読む