発達障害に気づくのが遅すぎた大人が過去を振り返ってみた

スポンサーリンク

「発達障害」の診断は、何らかの困難を伴う子供とその家族の関連性を見出します。

しかし、よく聞くことに発達障害の最も難しい側面の一つに、正確に発達障害に関連した行動を決定するとは必ずしもそうではない。一般的に子供の行動は典型的です。

全ての子供たちは時々、気まぐれに泣く、叫ぶ、またすべての子供たちは、大人の言う事を聞いていません。子供が親の言うことを聞かなくなる事だってあります。幼い時は小さい子、大きい子すべての子供たちが危ない・危険な何かをします。

僕が子供時代の頃を考えると、僕は望ましくない行動をしていた事を鮮明に覚えています。

低学年の時に先生が黒板に背を向けている最中に教室から逃げ出したこと、僕が4年生の時に居残り勉強をさせられていた頃は、先生の監視網を潜り抜けて逃亡したこと、妹を怒らせて、泣かしてしまい包丁を振り回せてしまった事もあった。

壊れていない目覚まし時計を分解しましたし、友達が出来ないので本を愛し、年間100冊ほど本を借りていた。

床屋で髪を切るのが嫌いだったので、自分でハサミを使いトリミングをしていました。

お家に帰ろうかどうか本気で悩んだこともあった。

僕は部屋の椅子に座り、今日は学校へ行こうかどうかを時計の針を眺めて時間を読み取り、一日を過ごした事もありました。

結果、僕は発達障害を持っていたが、そのような行動は病理学ではなく、通常の加齢に関連する症状と考えられる場合もあります。
家庭環境や、学校の人間関係が崩壊している事が原因だったりします。

では、どのようにあなたの子供や学生の行動を理解し、「何かおかしい・・・。」と本当に心配する必要があるのでしょうか?

ここでは、「知的」と「発達」決めつける前に自問しなければならない。いくつかの質問は以下のとおりです。

■この行動は、子供や他の人に危険な行為なのか?

■それがどのように頻繁かつ長期的な動作ですか?

■同じ年齢の他の子供たちと行動や思考が異なるように感じる?

例えば、お気に入りのキャラクターがデザインされた文房具類を友達に盗まれて、そのことについて、2時間ほど泣き叫んだりする。
また無くした場合も同じような態度になる。

■この動作は社会生活を阻害し学習する意欲を奪うもの?

■この動作はどの程度、友達や家族とのコミュニケーションを阻害しているのか?

■素晴らしい才能を持っていますか?

自閉症スペクトラムと呼ばれる脳機能の欠損、異常部位が異なる点を感がると、全員が優れた能力の持ち主だったと関連付けることができるとは考えにくいです。

今のところ、飛びぬけた才能がなくともレゴやニューブロックなどで様々な材料から出来たブロックを使い活用し、自由な発想で物を作れます。これらの物は教育に使用することができます。

思いつく限り、ソーシャルスキルのアプローチを開発する必要があります。

これらの質問に対する答えはハンディキャップを持つ子供たちにとっても大きくプラスになる可能性を持っています。

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA