一番安い3Dプリンタを購入する前に低コストの3Dペンを試してみる?

スポンサーリンク

3Dプリンター欲しい、一体おいくらするのだろうか?気になり、実際に3Dプリンターの価格を調べてみると、気軽に買えるようなお値段じゃないぞ!プリンタに多額の投資を行える金銭的な余裕がないだけでなく、作業面の準備やエンジニアリングスキルを必要とします。

創造したものを簡単に作れるという事は分かるけど、敷居が高く全然甘くねぇぞ!3Dプリンターの購入をあきらめかけた時に3Dペンを見つけました。お値段も高くないく、創造性があれば高度なスキルが必要ない事が分かりました。

3次元(空間)を描画するペンで作られた作品をネット上で見ましたが、どれも素晴らしい出来でした。しかし、ざっと調べた感じではあまり、流行っていないような気もします。3次元プリンタの代用品という事を考えれば試す価値はあります。

造形可能サイズが大きい3Dプリンターと大きな違いは、コストです。3Dペンは、4000円~10000万円と全体的に安く、妥協する事なく気軽に買えます。簡易的な仕様になっているので、使用上の重要な制限がありますが、アイデアと工夫次第でどんな形でも作れます。

3Dプリンタと比べると、本来の目的とは違ったモノを作ることになりますが、完璧を求めなければアイデア次第で楽しむことができます。

三次元印刷に使用されるプラスチックは、収縮性が高く初心者でも扱いやすいです。初の3Dペン、当たり前ですが、想像力を働かせて手を動かせる必要があります。

5f658788a0d4983c81608450297ebce3

お値段が高ければ良質な製品というワケではない。どうやら僕は3Dペンの選びを間違えたようだ。初期的な不具合か?パチモンか?お金を無駄にしたみたいです・・。「3Doodler」動かない・・何もできない。舌打ちしながら調べていくと、レビューが最低評価でした。

三次元モデリング市場を調べていくと、中国製のクローンがあったりするそうです。騙された感じが強く次は失敗したくないので、実用的な解決策を見つけました。

まず、使用者の高評価や、現段階でベストな仕様になっています。「3Doodler」と比較すると、本体が小さく温度調整機能付き、安全機能です。

YouTube Preview Image

素人が究極に繊細な物を作れるかと言えば、難しいと思います。3Dペンで作り上げたアート作品の動画や画像を見ましたが、やっぱり器用な人間は上達も速いし、いくつもの作品を生み出しています。

低学年のお子さん向けに簡易的に3D印刷の仕組みを可視化するという利点はあると思います。世の中の9割以上の子どもたちは絵を描くのが好きだと言われています。これ3Dペンを使えば平面の紙に絵を描くより、三次元で何かを生み出せるメリットがあり、子供の興味を引き出すツールになります。

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA